minokamoのごちそう

「芋つると油揚げ甘煮のっけ雑穀ごはん

2014年9月18日

1956885_660127370751563_3070015705355529690_o


先日、実家のご近所のときさんが作ってくれたお惣菜、「これ何でしょう〜?」と聞かれ、「野蕗、、かな」と自信なく答えましたが、正解は芋つる。戦時中などに食べていたという話は聞いていましたが、実際に食べたのは初めてでした。芋つるが手に入ったので、今朝はさっと甘煮を作ってみました。たくさんの選択肢がある中で頂く芋つるは、ご馳走でした。

minokamo覚え書き 芋つると油揚げ甘煮

芋つる
油あげ
みりん
醤油
煎り胡麻
植物油

1 芋つるは手で皮を剥きさっと茹で、油揚げを入れたザルにお湯ごとあける(油揚げの油抜きを兼ねる)。芋つるは流水であら熱をとる。油揚げは水分をきり、それぞれ食べやすい大きさにカットしておく。
2 フライパンに油を入れて熱し、芋つるを炒めてから油揚げを入れ、みりん、醤油の順に入れ、水分を飛ばす。煎りごまをかけたら出来上がり。

(14.09/18朝ごはんより)

「朝採りゴーヤあごだし粉和えのっけ豆腐と半熟卵」

2014年9月18日

10626515_654738974623736_4101004429007109477_n

夏の余韻にがんばって成長しているゴーヤを有り難く頂きました。あごだし粉を和えてみたら、よりご飯がすすむ一品に。半熟卵はゴーヤの上でくずしてもいいし、炊きたてごはんの上にのっけるかは、双方美味しそうで迷うところ!
器メモ=大沼道行さん(岩手)の織部のオーバル皿

minokamo覚え書き
朝採りゴーヤあごだし粉和えのっけ豆腐と半熟卵

材料 2人分目安

ゴーヤ(小) 1本
木綿豆腐 1/2丁
煎り胡麻 大さじ2
塩 小さじ1/4
醤油 大さじ1
白ごま油(オリーブオイルでも可) 大さじ1/2
あごだし粉 大さじ1(鰹節でも可)
半熟たまご 2個

1 ゴーヤは縦半分にカットして種とワタを取り除き、薄くスライスし、ボールに入れて塩をまぶして10分ほどおいておく。半熟卵を作っておく。
2 木綿豆腐はザルに入れ、重し(水を入れたボールなど)を乗せて10分ほど置いて水を切り、カットする。
3 ゴーヤに醤油、白ごま油、醤油、だし粉を混ぜる。器に豆腐、ゴーヤを盛り、半熟たまごを添えたら出来上がり。
(14.09.08朝ごはんより)

尾道甘夏の蜂蜜ソース豚ソテー、美濃加茂野菜で色々

2014年5月1日

10269338_574122982685336_6177963587990539587_o

14.0429朝ごはんより

今日は仕事だけどゆっくりスタートなので、ブランチ気分で朝ごはん。休みならばここに白ワインをつけたいな!

器メモ=大谷 哲也さん

minokamo覚え書き

材料目安(2人前)豚ロース 2枚/甘夏 1/2個(薄皮はむいておく)/新玉ねぎ 1/2個/蜂蜜 大さじ3/オリーブオイル 大さじ2と1/2/日本酒か白ワイン 大さじ2/塩•粗挽き黒胡椒 適量

※黒胡椒の代わりに生姜でも良い(その場合は玉ねぎと一緒に火を通す)

(作り方)

1塩をふった豚をソテーしておく。

2フライパンに油を入れて熱し玉ねぎが甘くなるまでしっかり炒めたら甘夏•蜂蜜•日本酒を入れて強火で水分を飛ばしながら2分ほど火を通す。

3ソテーしてカットした豚肉を器に盛り、(2)のソース、黒胡椒をかけて出来上がり。

焼き紫蘇味噌むすび、ラデュッシュと胡瓜の塩もみ

2014年4月19日

1015335_573480789416222_4201118557277460416_o

14.0419朝ごはんより

揚げた紫蘇っておいしいね、と昨日話したことを思いだし、味噌を入れて試しに作ってみました。器メモ=須藤拓也さん(14.0419朝ごはんより)

minokamo覚え書き 焼き紫蘇味噌むすび

(材料)味噌、みりん、生姜(みじん切り)、温かごはん、青紫蘇

(作り方)

1.味噌•味醂•生姜を混ぜて火を通しておく。

2.甘味噌を入れておむすびを作る。

3.青紫蘇をまいて、少し油を引いたフライパンで横面•表面焼いたら出来上がり。

 

群馬県甘楽町産地粉で、ふきのとう香り手打ちきのこうど

2014年3月31日

 140323うどん

今朝は早めの昼ごはんの予定だから、さっぱりうどん。手打ちっておおごとに思われる方もいらっしゃるかもですが、小麦•水•塩でぎゅぎゅっと混ぜるだけなので、たまに作ります。群馬のお母さんたちは生地を寝かせず、すぐのばしてカットされてたのをまねて時間ない朝はこの方法で。ふきの香りが春気分になりました!

器メモ=鈴木稔さん
minokamo覚え書き、ふきの香り手打ちきのこうどん(2人前、大盛りの方には1人前)
(うどん)小麦粉2カップ、水80cc、塩小さじ1/2をボールに入れて上から体重をかけて手でぎゅっぎゅっと練る(練るというより上から押すように練ると楽です、私は2〜3分くらい練ります笑)打ち粉をしめん棒で伸ばし、湯でる前にカットする。※伸ばすのが大変な時はビニールをかけ30分ほど寝かすと伸ばしやすくなります。
(ふきのとう)中華鍋にオイル(大さじ3〜4)を入れてみじん切りにしたフキ(2個〜3個)を炒めておく。
(つゆ)かつおぶしでダシをとり、日本酒、醤油をいれ沸騰したら、粉をはたいてカットしたうどんを入れる。このみの固さまで茹で(私は5分程)火を止める食前で、スライスした椎茸ろ入れ火をとめたらえのきのみじん切りをいれる。器にもって、ふきをのせたら出来上がり。

 

新玉葱と菜の花の鶏むね肉スチーム

2014年3月14日

9ef53fd8d3790f88c65adea7f55df9d7

140314朝ごはん

卓上に咲かせていた菜の花を朝ごはんに。塩だけの味付けで、じんわり優しい美味しさ。毎朝この朝ごはんでもいいな!とお気に入りになりました。〆はスープにご飯もいれました(笑)

minokamo覚え書き
鶏むね肉は一口サイズにカット塩をかける。鍋に鶏肉•水(鶏肉が1/3隠れる高さ)•生姜の千切り(なくても可)を入れて蓋をし加熱する。沸騰したら2分位ごとに固い素材から入れては蓋をする。オイル•玉葱→菜の花(下半分•茎)→(上半分•花)を入れて1分程加熱したら火ととめ3分ほどそのまま蒸して塩で味をととのえ器に盛り、仕上げにオイルを少しかける。
※ややこしく書いてしまいましたが、野菜の歯応えを残したいので火の通りずらい野菜から順番に入れていくだけです。面倒な時は最初から全部の材料をいれてもくったり美味しくできます。
分量目安(2人分)とりむね肉(1枚)新玉葱(1個)菜の花2/3束白ごま油(小さじ2)
※器メモ=前野直史さん

 

柚子胡椒のちりめんむすび、白菜と柚子の浅漬け

2013年12月11日

13.12.11朝ごはんより

13.12.11朝ごはんより

今朝は稚内のおばちゃんに頂いた築地土産のちりめんじゃこを、熊本のお母さんから頂いた柚子胡椒と和えておむすびにしてみました。薬味むすびを頂きたい時に良さそう!

minokamo覚え書き(柚子胡椒ちりめん)
ちりめんじゃこを日本酒、少しの醤油でさっと煮て、水分がそれなりに飛んだら柚子胡椒を和える。炊きたてご飯の上にのせてもいいですね。

大根ちりめんじゃこ大根の葉甘酢のっけごはん

2013年12月11日

大根

13.12.09朝ごはんより

今朝は群馬へ出張なので早起きしたら、美しい朝日が見れました!
頂き物のちりめんじゃこと大根を甘酢でつけて、仕上げにさっと茹でた大根の葉を混ぜました。

(minokamo覚え書き)
リンゴ酢、砂糖、醤油少々は混ぜておく、大根(写真はレディ大根、通常の大根やラデュッシュでも可)は千切りにして塩を少々かけてしんなりしたら水気は切って、ちりめんと一緒に甘酢につけておく。仕上げに茹でた大根の葉、胡麻を和え、ごはんにたっぷりのっけたら出来上がり。大根の葉は酢に漬けると変色するので、頂く前にさっと混ぜると色がきれいです。

春菊とえのき出汁うどん

2013年12月11日

13.12.10の朝ごはんより

13.12.10の朝ごはんより

「春菊とえのき出汁うどん」昨日は群馬県甘楽町で、久しぶりにお会いした80代お母さん達の手打ちうどんとお惣菜、私の料理をお出しする機会を頂きました。やっぱりお母さんたちの手料理はいつだって美味しいし、お会いすると楽しくて元気を頂きます。
そんなわけで、お母さん達からうどん出汁のお裾分けを頂きました。朝出汁を温めると、台所は優しい香りでいっぱいに。ふんわり卵をとじて、器に盛ってから、刻んだえのきと春菊をたっぷり入れました。雨で寒い日だけど、あったかくなりました〜。御馳走さまです!
(minokamo覚え書き)
出汁を沸騰したらすぐ溶き卵を入れて火をとめる。別の鍋でうどんをゆでおき、椀にうどん、汁をいれ、刻んだ春菊、えのき、炒り胡麻をたっぷり入れて頂きます。(春菊、えのきは予熱で火が通ります)

 

 

尾道の野菜と蜜柑で。鶏もも肉と蜜柑の蜂蜜ソテー

2013年12月5日

13.12.6 朝ごはんより

13.12.6 朝ごはんより

「尾道の野菜と蜜柑で。鶏もも肉と蜜柑の蜂蜜ソテー」誰かが作ってくれたもの、送ってくれたものって、素材の良さは勿論、そのひとの気持ちが入るから美味しさと力が増すような、、、そんな気がいつもします。ごちそうさまです!
minokamoざっくり覚え書き。鶏肉は、塩、胡椒少しをふり、フライパンにオリーブオイルを入れて途中日本酒もジュワリいれてソテー、一度肉から出たフライパンの油はキッチンペーパーで簡単にふいて、再度オリーブオイルを少し入れる。途中オレンジをいれて焼き色がついたら蜂蜜をいれてじゅっとさせて火をとめます。人参は歯応えが残る程度に仕上げ、お肉と一緒に焼いています。
マリネした野菜と鶏肉、焼いたオレンジを盛りつけ、仕上げに残りのオレンジ果汁もぎゅっとかけました。