minokamoの記事

「料理旅から、ただいま」発刊しました(岐阜県七宗町神淵の家にて)

2020年10月9日

【新著『料理旅から、ただいま』発刊のお知らせ】

2020年9月27日

【新著『料理旅から、ただいま』発刊のお知らせ】

あたらしいminokamo本、発売!

ひと皿の中に風土や知恵が詰まった郷土の家庭料理。

全国、世界のお母さんたちに出会った料理旅が、一冊の本になりました。

美味しい発見のおすそ分けができたらうれしいです。

雑誌『チルチンびと』の連載で各地へ赴き、土地の風景や郷土料理、お母さんたちの笑顔を写真に収め、さらにminokamoアレンジレシピを考案しました。

minokamo活動の原点は、岐阜県七宗町神渕の祖母の料理。その代表のような赤かぶ漬けが表紙になったのもうれしい。

料理旅でいただいた全国のお母さんたちとのご縁に感謝です!

これからも、料理旅は続きます。

各サイト、書店で予約受付中、一部書店では販売開始しています。

『料理旅から、ただいま 』(暮らしと手料理 1)  minokamo・著、風土社

https://www.amazon.co.jp/dp/4863900570/

編集|佐藤暁子

執筆、撮影、絵、レシピ|minokamo

 

【新企画!芸人料理家ボルサリーノ関&芸人でない料理家minokamo、全国47都道府県をテーマにした「北海道酒場」開催】

2020年9月2日

 

 

第一回は一番北の北海道。ゲストには、モリ夫(モリマン)さんが札幌より、参上してくれます!

会場は渋谷NHK、、、目の前のLaughOut(ラフアウト)!吉本興業の素敵スペースからお届けします。

参加方法は、超限定会場参加(ソーシャルディスタンス取りすぎ!肴付)、ネット参加(豪華北海道産物付コースもあり)の3コースご用意しました。

開催日時は1031日(土)13時~14時

詳しくはこちら

https://47sakaba.peatix.com/

お近く、遠くの皆さんとも乾杯できたら嬉しいです。お待ちしています!

美濃加茂産 野菜と果物。母が送ってくれました。

2020年8月31日

みそボナーラ

2020年4月27日

簡単に出来すぎるカルボーラでなく、、、「みそボナーラ」をご提案!(笑)自炊が続いてくたびれたときにもぜひ。
ボウルで材料を混ぜるなど、お子さんと一緒にしても良いですね。

大人はワインとも会いますよ。余った卵白は、みそ汁に入れたり、夢のパンケーキを作っても!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「みそボナーラ」

(材料)2人分

パスタ 160g(小盛)ー200g(並)

卵黄 2個

味噌 大さじ1と小さじ2(200gなら大さじ2)

オリーブ油 大さじ1

粗挽き胡椒 適量

1パスタを茹ではじめる。ボウルに、卵黄、味噌を入れ、泡立て器でよく泡だてたら、オリーブオイルを入れてさらによく混ぜる。

2茹で上がったパスタを(1)に入れ、混ぜる。器に盛り胡椒をかけたら出来上がり。

※パスタを茹でるお湯に入れる塩は1パーセントが目安。水1リットルなら10g。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここに炒めたベーコンを入れたりしても(その場合は味噌を減らす)、もちろん美味しいです!

みそボナーラの作り方ご紹介

2020年4月27日

調味料は、卵黄、味噌、オイルだけ!
料理が苦手な方でも、買い物行くのがおっくうなときも
いつでもできるパスタ。
サイト内minokamoのご馳走にアップしたので、作ってみてくださいね!

おにぎり(岐阜県美濃加茂市)

2020年2月2日

神淵の家へ

2020年1月27日

 

父が痛んだところを直したり、畳を全てあげて骨組みの点検をしてくれました。

縁側でお昼ごはん。

七宗町神淵の家と神淵神社へ

2020年1月27日

神淵神社は一年に一回大きなお祭りがある。

山奥にある神社は私の運転ではとても無理、父の運転で向かい

お参りしました。大きな杉の木をみんなで見上げました。

雑誌「チルチンびと」愛知県岡崎市八丁味噌の取材、minokamo味噌レシピをご紹介

2019年5月12日

 

愛知県岡崎市の八丁味噌を作るカクキューさんをお尋ねしました。
2トン程の石を積み上げ約2年熟成させた味噌の旨味は格別!
取材と、八丁みそレシピをご紹介しています。
(取材写真・米谷さん、料理写真と取材テキスト・minokamo)